ZEBへの取り組み

ZEBとは

 ZEBとは、「Net Zero Energy Building」の略省で、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を(※)実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物のことです。

(※)エネルギー負荷の抑制、パッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入など

ZEBの定義

エネルギー消費量の収支をゼロにするには、大幅な省エネルギーと、大量の創エネルギーが必要

であり、ゼロエネルギーの達成状況に応じて、3段階のZEBシリーズが定義されています。

ZEB Ready 省エネ基準よりも50%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
Nearly ZEB 省エネ(50%以上)+創エネで、75%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
ZEB 省エネ(50%以上)+創エネで、100%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物

弊社の導入した設備・システム

■輻射冷暖房システム(ユカリラ)

 空調ダクトを利用した、輻射式床暖房・床冷房システムです。

 床下の特殊なパネルの中に、エアコンの空気を入れることで、エアコンの風を直接部屋の中に入れず、輻射熱で空間を温めたり、冷やしたりできます。

■太陽光発電システムと蓄電池の導入

 効率的な自家消費をすることを目指します。

■BEMS

 ITを利用して、ビルの証明や空調などの管理を行うもので、人や温度のセンサーと制御装置を組み合わせたものです。

サイト内検索

ページトップへ